未分類

男性の鼻下の毛の処理のコツと方法の違い

投稿日:

髭は男女ともに生えますが、特に女性は処理に入念がない方が多いです。

男性もしっかりと処理する方もいれば、おしゃれとして残す・デザイン髭にするという方もいます。

しかし最近ではきれいなつるつるの状態を好む方も老いですが、鼻下の毛は処理を頻回に行わないと無精ひげのようになりかねません。

 

 

口ひげを処理する際のコツと注意点

処理する頻度も増えるため注意点とコツをしっかりと押さえておくことが大切です。

鼻下の毛は処理する際、カミソリ・電動シェーバー・毛抜きなどが多いです。

一番確実かつ効果的な方法は毛抜きです。

髭自体を一本一本抜いてしまうと次に生え変わるまではつるつるの状態になります。

初めは痛みも強い方が多いですが、繰り返すうちに痛みに慣れていき、苦なく処理することもできます。

しかし繰り返し髭を抜くうちに抜けやすくもなりますが、埋没毛にもつながりかねません。

 

一度埋没毛になるとその部分の毛根はそのまま埋没毛のままになりやすいです。

そして皮膚の下で髭が蓄積して炎症を起こし、ニキビや赤み・色素沈着など見た目にも影響を及ぼしかねません。

またカミソリに関しては準備の手間も少なく、深剃りもできるためしっかりと処理もできます。

 

ひげの処理によるお肌のダメージ

しかし剃る度に肌の表面を刃物で傷つけるため、少しずつダメージも重なっていきます。

肌は多少ダメージを負ってもターンオーバーで回復していきます。

しかし鼻下の毛は生える頻度も早いことと、あまり伸ばし過ぎることもできません。

そのためターンオーバーよりも速いペースで剃る方が多いため、回復よりも蓄積の割合が増してしまい、肌トラブルを引き起こしやすいです。

 

また肌表面を剃るため、回復する際に深剃りしすぎて毛根が皮膚に埋もれてしまうと埋没毛のリスクもあります。

加えてカミソリは繰り返し使うことに対し、消耗品のため十分な洗浄が行われないことも多いです。

そのため衛生的な問題もあります。

 

電気シェーバーでの処理

カミソリで肌を切ってしまった際、カミソリ自体の衛生状態が悪いとそこから菌が入る可能性もあるため、電動シェーバーがおすすめとされています。

電動シェーバーはカミソリ同様のレベルできれいに髭を剃ることができます。

また貌の輪郭に合わせて剃る部分が湾曲しているタイプもあるため、鼻下のように小さい面積でもしっかりと剃ることも可能です。

そして深剃りしすぎないように配慮された構造となっており、カミソリのように過剰に肌自体を剃ることもないため、肌ストレスを防いだり、埋没毛の予防にもなります。

衛生面では水洗いもできることと、専用の洗浄機器を使って綺麗に洗うこともできます。

また髭の長さについてもシェーバー部分を別パーツに入れ替えると長さや量なども調整することができます。

そのため自分でデザイン髭を楽しむこともできるため、おしゃれとして髭を活用することも可能です。

 

それそれにメリットとデメリットがありますが、デメリットを減らしつつメリットが大きい方法としては電動シェーバーと言えます。

また安価な物もありますがより安全かつ負担を減らすうえではある程度値段のする電動シェーバーが必要です。

-未分類

Copyright© 女の子でも口ヒゲ対策は大事です! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.